書影
  • 渋谷敦志/著
  • B5版 上製 160ページ
  • ¥3996 (本体価格 ¥3700 + 税)
  • 2016年07月11日 発売
書評掲載情報
2016-07-31 朝日新聞朝刊
評者: 今福龍太(文化人類学者)

渋谷敦志写真集

郷愁へのまなざしが写真を続ける力になったのはいつごろからだろうか――
"サウダージ"の感情に誘われるように、海を渡り、境界を越えてきた写真家・フォトジャーナリストの原点・ブラジルへの旅の追憶。

「ナショナルジオグラフィック日本版」や、「アジカン」のGotchことミュージシャンの後藤正文氏が編集長をつとめる「The Future Times」に寄稿し、アフリカ、アジア、南米と世界を旅する写真家・渋谷敦志のファースト写真集。

書影2
書影3

前書など

郷愁へのまなざしが写真を続ける力の源になったのはいつごろからだろうか。世界をカメラと共に旅しながら、時折そんなことをぼんやりと考える。ひとつ言えることはある。それは、もしブラジルと出会わなければ、こんな生き方をしていなかっただろうということだ。憧憬にも似た未知の世界へのまなざしを生きる道標に、撮り手である自分の心を試しながら、そのまなざしのもっと向こう側にあるであろう、未来とも希望とも言っていい光の射す場所を探し求めてきた。それがぼくの写真であり旅であり、そのはじまりの場所がブラジルだった。
――渋谷敦志 本書より

版元からひとこと

巻頭には文化人類学者・今福龍太氏が本書の写真に捧げたエッセイ「オルフェウの受胎——ブラジルの絵葉書」を収録。またブラジルのみならず、フォトジャーナリストとして著者が取材を続けるアフリカのアンゴラや東日本大震災後の福島の写真も収録しています。

刊行後、朝日新聞や西日本新聞などに書評が掲載されるなど、注目の1冊です。写真を通じて、旅をすることや生きることの意味を感じ取っていただければと願っています。

2016年7月3日 西日本新聞で書評掲載(評者=姜信子、作家)
2016年7月31日 朝日新聞で書評掲載(評者=今福龍太、文化人類学者)
2016年9月2日 日刊ゲンダイDIGITALで紹介

目次

Contents
目 次

3
オルフェウの受胎─ブラジルへの絵葉書
今福龍太

8
Angola アンゴラ

12
São Paulo サンパウロ
Rio de Janeiro リオデジャネイロ
Minas Gerais ミナスジェライス

62
Brasília ブラジリア
Bahia バイーア
Ceará セアラー
Pernambuco ペルナンブーコ
Maranhão マラニャン

102
Amazonas アマゾナス
Pará パラー

138
Fukushima 福島

144
回帰するブラジル
渋谷敦志

156
写真作品リスト

158
謝辞

著者紹介

渋谷 敦志(シブヤ アツシ)
1975年、大阪府生まれ。写真家。高校生のときベトナム戦争の写真集を見て写真家を志す。立命館大学在学中に1年間、ブラジル・サンパウロの法律事務所で働きながら写真を本格的に撮り始める。2002年、London College of Printing(現London College of Communication, University of the Arts London )卒業。第3回MSFフォトジャーナリスト賞、日本写真家協会展金賞、視点賞・視点展30回記念特別賞など受賞。これまで、「ナショナルジオグラフィック日本版」やミュージシャンの後藤正文氏が編集長を務める「THE FUTURE TIMES」などに寄稿。著書に『希望のダンス̶エイズで親をなくしたウガンダの子どもたち』(学研教育出版)、共著に『ファインダー越しの3.11』(原書房)がある。現在は東京を拠点に、アフリカやアジアの国々で、紛争や貧困、災害の地で生きる人々の姿を写真と言葉で伝えている。

関連書籍

ファインダー越しの3・11

被災した故郷、見えない恐怖、子どもたちの笑顔にシャッターを切りながら3人のフォトジャーナリストはファインダーの向こうに何[...]

佐藤慧/著 安田菜津紀/著 渋谷敦志/著
発売日 2011年12月01日
0
(本体価格 ¥ + 税)

amazon.co.jp

希望のダンス エイズで親をなくしたウガンダの子どもたち

子どもたちのリアルな現状を写真で訴えかける絵本。エイズで親を亡くしたウガンダの子どもたちが「寺子屋」でダンスをはじめる。

渋谷敦志/著
発売日 2015年06月02日
1620
(本体価格 ¥1500 + 税)

amazon.co.jp